~
>宣弘社トップページ
連載コラム小林利雄伝
序章〜 プロローグ
第1回 追悼・阿久悠氏〜大作詞家からみた小林利雄
第2回 月光仮面誕生秘話〜武田薬品宣伝係長 中尾清義氏が語る小林利雄
第3回 ネオンサインな日々・其之壱〜稲葉亘快氏(元宣弘社社員)が語る小林利雄と屋外広告の世界 PART 1
第4回 ネオンサインな日々・其之弐〜稲葉亘快氏が語る小林利雄 PART 2
第5回 小林利雄、かく語りき・其之壱〜颯爽!「月光仮面」登場!!
第6回 小林利雄、かく語りき・其之弐〜「遊星王子」〜「快傑ハリマオ」の頃
第7回 ラジオの時間・其之壱〜大場徳次氏が語る小林利雄とラジオの時代
外伝   追悼・川内康範先生〜『月光仮面』の原作者が語った小林利雄
第4回
ラジオの時間・其之壱〜大場徳次氏が語る小林利雄とラジオの時代
岩佐陽一

  『月光仮面』、『隠密剣士』といった本邦TV史に残る名作を創出したせいか、宣弘社といえば、これら懐かしのTV番組か、本家本元である屋外広告で語られることが多い。だが、広告代理店業務の対象媒体には「ラジオ」というメディアがある。宣弘社はラジオにおいても画期的な番組を世に送り出している。
 その代表格が『フレッシュイン東芝 ヤング・ヤング・ヤング』だ。マエタケこと前田武彦を司会に、女性アシスタントと二人で送るこの番組は、前田の軽妙洒脱なトークとアシスタントとの掛け合いが評判を呼び、わずか20分の月〜金曜日のベルト(帯)番組ながら、大ヒットを記録。前田を一躍スターダムにのし上げたのはもちろん、後のディスクジョッキー番組や『オールナイトニッポン』に代表される深夜放送の魁となった。この番組の担当だった大場徳次氏が当時を振り返る。
  「これは東芝さんのスポンサー枠だったんです。それで、東芝さんの担当だった私も一緒に企画を考えて。最初、タイトルは『ヤング・ヤング』でした。それを私の上司だった松本美樹さんが[これじゃパンチが足りない。ヤングをもうひとつ付けよう!]と言って『ヤング・ヤング・ヤング』になったんです。この番組は当時の若者から絶大な支持を受けましたね」。
 その大場氏は、昭和6(1931)年4月4日、静岡県磐田市出身。立命館大学経済学部を卒業後、昭和32(1957)年に宣弘社プロダクションに入社。しかし何故、立命館大学の、しかも経済学部を卒業した大場氏が当時TVやラジオ番組を広告代理・製作していた同社を選んだのか?
 「東京に行きたかったんです(笑)。あと、ゼミの先生に[これからの時代、広告代理店という職業は面白いかもしれないね]と、後押しして頂いたこともありまして」。
 大場氏の入社早々の仕事は、『月光仮面』の撮影現場。照明を手伝ったり、エキストラで参加したり。そうこうしているうちに『遊星王子』(58年)がスタート。大場氏は、『遊星王子』の16mmフィルムを詰め込んだ手提げ袋を両脇に抱え、連日ネット局の支社がある銀座を歩き回ったという。
 「現場から(『遊星王子』の)16mmフィルムが届くでしょう? でも、当然のことながらCMが入っていないわけです。だから自分でCMのフィルムを糊で貼り付けるんです。そうして完成させたフィルムを地方局に届けていました」
 今では想像だにしない地道な作業だが、当時はそれが当たり前だったのだ。
 そんな大場さんは、東芝担当として本社配属となり、宣弘社初の本格的宇宙特撮番組『光速エスパー』(67年)を担当することに。
 「ところがこれが大失敗で(苦笑)。というのは、自社で『ウルトラマン』(66年)並みの特撮をやれると思っていたんですね。でも、いざ始まったらどうにも上手くいかない。それで円谷プロのスタッフさんに応援を頼んだりして、結果的に当時のお金で3000万円も(予算を)オーバーしちゃいまして。社長からは大目玉を喰らいました。みんな知っているもんだから、社内の視線も冷たいんですよ(苦笑)」。
 だが、大場氏はこの直後、本邦TVアニメ史に名を残す……どころか、今なお放送中の大ヒット作の誕生に携わることに。
 毎週日曜日18:30の国民的アニメ……そう、あの『サザエさん』だ。誰もが知っているTVアニメ『サザエさん』は宣弘社の広告代理でスタートしたのだ。
 「当時、東芝さんの1社提供でフジテレビさんで19:30〜20:00の枠をお願いしたんです。でも、[そこはどうしても空けられない]と。それで、18:30〜19:00の枠になったんです」。
 そして、ご周知の通り以降『サザエさん』は41年にも及ぶロングランとなった。いや、まだ終わっていないので、それ以上だ。
 「企画自体は制作会社のエイケンさんからですね。当時の社長だった村田(英憲)さんが、[『サザエさん』がいけそうだ]とおっしゃって。ペラ一枚の企画書を用意して東芝さんに持ち込んだところ、ほぼ一発でOK! になったんです。その企画書は今でも保管してあります」。

『〜ヤング・ヤング・ヤング』の収録風景の写真を掲載したかったのだが、残念ながら今回は発掘できず。代わりに『光速エスパー』のメイキング写真を掲載します。有名なエスパーの飛行シーンを撮影中のもの。このような本格的な特撮技術の導入が制作予算の高騰を招いてしまった結果……

 当初は、先述の松本美樹氏と二人で担当する予定だったが、諸般の事情により松本氏が早々に現場に立ち会えなくなった。 「結局、それから約18年間、番組を担当していました」(大場氏・談)
残念ながら今は宣弘社が広告代理を担当していないものの、『サザエさん』は、『ウルトラマン』や『柔道一直線』(69年)に並ぶ、宣弘社が広告代理した国民的大ヒット番組のひとつに数えられる。
大場氏は現在、このときの縁もあって通信カラオケにアニメーション映像を配給するお仕事を手掛けられている。
  「宣弘社で培ったノウハウが今に生きている感じですね。ありがたいことだと思っています」と語る大場氏の笑顔に、宣弘社社員としての誇りと威信を垣間見た思いがした。

 

 

次回 第8回 10年6月下旬 
ラジオの時間・其之弐〜橋本洋二氏(元TBSプロデューサー)が語る小林利雄
Copyright (C)2016 宣弘社 All rights reserved.