甦るヒーローライブラリー 第11集 〜ヒロイン編〜
コードナンバー108 7人のリブ HDリマスター DVD-BOX 発売中
闘え!ドラゴン DVD発売

『コードナンバー108 7人のリブ』は、国際秘密捜査機関に属する7人の美女たちの活躍を描いたアクションドラマである。女優陣が果敢にアクションに挑戦するこの種のドラマの草分けは、やっはり「プレーガール」(69年)ということになるだろう。「プレーガール」は、続編「プレーガールQ」(74年)を含めると丸7年も続いており、終了したのは1976年3月。

「7人のリブ」はそれから半年後のスタートだった。「プレーガール」との違いは、プレーガールたちが国際秘密保険調査員という肩書きであるのに対し、『7人のリブ』のメンバーは、超法規的な活動を行う捜査官、平たくいえば「スパイ」だという点だろう。それゆえ、アクションよりセクシー描写がウリだった「プレーガール」に比べると、かなりシリアスな展開となった。第1話からメンバーの一人が殉職するという幕開けに驚いた向きもあったのではなかろうか。

野際陽子が主演ということもあり、女性版「キーハンター」の趣もある本作。

野際陽子が主演

いわゆる「古き良き時代」のテレビ好きにはたまらない一品であろう。本放送から40年が経ち、その間再放送をする機会もなかったが、40年ぶりに日の目を見ることとなった。是非ともお楽しみいただきたい。

プロデューサーは、かつて「月光仮面」(58年)や「隠密剣士」(62年)などのヒット作を世に送り出した広告代理店・宣弘社の社長である小林利雄。

残念ながら視聴率が期待したほどには上がらず、半年の予定をワンクールで終了することになる。後日談だが小林利雄は、プレーガールの向こうを張ってセクシーなシーンを入れたかったが、局のプロデューサー氏から待ったがかかり思いを果たせなくて残念だったと言っていた。

出演は、野際陽子(南條亜紀)、ジュディ・オング(立花雅子) 前田美波里(芹沢マリ)、牧れい(岡野れいこ) 、ミッチー浜田(ミッチー・ラブ)毬杏奴(安西竜子)、山内みえこ(姉小路由紀絵) ほか

 

甦るヒーローライブラリー 第11集
	    〜ヒロイン編〜 コードナンバー108 7人のリブ
	    HDリマスター DVD-BOX甦るヒーローライブラリー 第11集
〜ヒロイン編〜 コードナンバー108 7人のリブ
HDリマスター DVD-BOX 発売中
 


製品概要
発売日 2014年12月24日
税込価格 21,600円(税抜価格:20,000円)
商品仕様 1976年/日本/カラー/本編約596分/4:3/音声:モノラル/片面2層/第1話〜13話(全13話)/3枚組
発売元 ベストフィールド
※仕様は変更となる場合がございます。
 
(C)宣弘社